コラーゲンと肌のハリ

よく、肌のハリには「コラーゲン」の成分を摂取するのが良いと言われていますよね。
アンチエイジングなどから、このコラーゲンが注目されているのです。
コラーゲンというのはタンパク質のひとつで、真皮や骨などを構成しているのです。

よく、コラーゲンは肌にとってバネのような役割をしていると言われることもあります。
つまり、コラーゲンが不足する=肌にバネが足りなくなる=肌のハリがなくなる
ということになるのです。

人間の体内のコラーゲンは、全タンパク質の30%にもなっているそうです。
コラーゲンが含まれている化粧品というのは、実に多く販売されています。
コラーゲンというのは保湿効果もすごく高いタンパク質だからです。

これを皮膚の表面に塗ることで、皮膚の水分が蒸発するのを抑制して、周りに
水分子を多く保つことが出来るのです。このように肌に対しての潤い効果が抜群なため、化粧品に含まれることが多いのです。
ただし、肌に塗ったコラーゲンが肌に吸収される可能性は低いそうです。
こちらを参考にしてみてください。

肌のハリとコラーゲンの関係について